FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*メールのお返事*

こんにちは、おそのです。

今日は、学生相談室あてに頂いたメールについて少し書こうかなと思います。

(もし、メールをして『自分だ』と思っていただいたならうれしいです。

  パソコンのメールが届かないようなので、こちらにて書かせていただきます)









現在、パティシエをされている方からメールを頂きました。

内容は省かせていただきます。

また、これはたとえば心理職だから、ということではなく
私個人の意見として、扱って頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

このメールをした方は、今までたくさんのご友人の力になったり、支えになれるよう
いろんなご相談事をお引き受けされてきたのではないでしょうか。
相手が喜ぶ、と自分もうれしい。相手が悲しんでいたり困っていると、自分も苦しい。助けになりたい。
大変責任感もある方だと思いました。

そこで、なぜこの方がパティシエという職業に就いているか、少し尋ねたいと思いました。

私は、とても食べることが大好きで、お菓子もご飯もパンも、食べるだけでほっこりします。
暴飲暴食もありますが(笑)それでも、人間食べることでどうにか生き延びることができる。「おいしかった」といえることができる。
これほど、すばらしいことはないと思います。

そして、その人々の「おいしかった」「また良い気分になれた」「明日も頑張ろう」そんなお手伝いをされているのがパティシエのお仕事の一つではないかなと思います。

相談室の考え方は様々ありますが、もしこの方が「人を笑顔にしたい」「苦しんでいる人を助けたい」ということであれば、もうすでにかなえられているのではないかと思いました。

この質問者様の質問に、あえて結論を申し上げるとしたら「難しい」というのが個人的な答えです。
資格があるない、ということではありません。

あなた様が、何をされたいのか、ということが大事なのではないでしょうか。

たとえば、来るお客様に対して「ありがとうございました。またお待ちしています」この言葉で救われる方もいらっしゃると思います。
人と人のコミュニケーションが、だれかの心の支えになります。

「友達のようにわいわい楽しく過ごせて、時には親身にもなってくれるお店」


を経営することが、今を生きている人(お客様や従業員の方含み)にとって大事なのではないかと、私個人で思っております。
つたない言葉で、かつ質問者様のご期待に添えない返信になってしまい大変申し訳ありません。
(そして文中多々省かせてしまった部分もあります…)

パティシエとして、日々頑張っている質問者様を応援しております。

そしてこのような形の返信で申し訳ありませんでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴た(タカヒロ、T)

Author:鈴た(タカヒロ、T)
新潟医療福祉カレッジで学生相談員をしています。臨床心理士です。
主に、在学生の悩みや心配事について共に考えたり、必要に応じて心理検査などを実施します。

いわゆる変な人、風変わりな人の部類に入ると自負しております。

好物→心理学全般、ペンギン、毛布、数の子、缶コーヒー、カウンセリング実践

嫌物→お米、暑さ、湿気、数学、虫、騒音

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。